人材紹介応援ブログ|クラウドエージェント

求人データベース「クラウドエージェント」がお届けする人材紹介のノウハウです

リクルーティングアドバイザー(RA)とは|仕事内容や必要スキルを徹底解説

リクルーティングアドバイザーとは|仕事内容や必要スキルを徹底解説

リクルーティングアドバイザーの仕事を徹底解説

リクルーティングアドバイザーの仕事を徹底解説

リクルーティングアドバイザー(RA)は、企業と求職者の架け橋となる仕事です。応募が少ない、エントリー数が多くても希望する人材が来ないなどといった企業が持つそれぞれの悩みに対し、適切なコンサルティングとアドバイスにより採用成功に導きます。

この記事ではリクルーティングアドバイザーという職種に興味を持つ人のために、仕事内容や、キャリアアドバーザーとの違い、仕事に就く方法、求められるスキルなどについて解説しています。

また採用業務をより効率的かつスピーディーに行うための、サポートサービスにも触れています。

リクルーティングアドバイザー(RA)とは 

リクルーティングアドバイザーとは 

リクルーティングアドバイザーの仕事内容をみていきます。また、似たような職種であるキャリアアドバイザーとその違いも解説します。

人材紹介会社の営業職

リクルーティングアドバイザーは人材紹介会社の営業職であり、クライアント企業の採用をサポートします。人材紹介の業界ではRA(アールエー)と呼ぶことが多いです。仕事内容には新規クライアントの開拓と、既存のクライアントに対するサポートの2種類があります。

新規クライアント開拓は、まだ取引していない企業に自社サービスについて知ってもらい、契約に結びつけることが仕事です。

既存のクライアントサポートは、課題を持つクライアント企業に対して人材を紹介したり、採用活動の提案を行ったりします。求める人材を採用まで導くために、クライアントが抱える悩みや課題をヒアリングし、会社や仕事の魅力を最大限に伝える求人票やメディアの求人原稿を作ります。

edi

またキャリアアドバイザーと情報を共有し、企業と求職者のマッチングを図ります。

求人票の作成だけでは課題が解決しない場合には、新たな採用プランを提示し、これまで行ってきた採用フローを改善するよう提案することもあります。

リクルーティングアドバイザーとは、採用を成功に導くための、サポート精鋭部隊なのです。

キャリアアドバイザー(CA)との違い

人材紹介会社の職種は一般的に2つに分かれています。それがリクルーティングアドバイザーと、キャリアアドバイザーです。人材紹介の業界ではCA(シーエー)と呼ぶことが多いです。

リクルーティングアドバイザーが主に企業のサポートを担当するのに対し、キャリアアドバイザーは求職者の対応をメインに行います。

キャリアアドバイザーは、リクルーティングアドバイザーが企業へのヒアリングで得た情報をもとに、マッチングした求職者へアプローチをします。また求職者への求人情報の提供、履歴書や職務経歴書の書きかた指導、面接日程のセッティング、条件の交渉などを担当します。

採用を成功させるためには、リクルーティングアドバイザーとキャリアアドバイザーの連携が必須です。

リクルーティングアドバイザーの仕事内容 

リクルーティングアドバイザーの仕事内容 

リクルーティングアドバイザーの仕事内容は、既存のクライアントをサポートと、新規のクライアントを開拓することのほかに、求職者のフォローもあります。

新規顧客の開拓

人材紹介サービスを利用していない企業に対し、主に電話でアプローチをかけサービスの提案をします。人材紹介会社に入社したばかりの頃は、新規クライアントの開拓からスタートすることが多いようです。

人材紹介会社によっては、小売・流通、化学メーカー、医療機器メーカーというように業界ごとにチームが分かれていることがあります。

既存顧客のサポート

担当のクライアント企業の採用が成功するように、採用のサポートをします。

企業は採用に対して、それぞれの課題を抱えています。「特殊なスキルを持つ人材がほしい」「応募が少ない」「エントリー数は多いのに、求める人材が少ない」「辞退率が多い」「管理職がほしい」、そのような課題を聞き出して対策を立てるのがクライアントサポートの仕事です。

リクルーティングアドバイザーはクライアントの悩みをヒアリングし、求人票やメディアの求人原稿を作成します。求人票ではその企業の魅力や求める人材を、わかりやすくかつ正確に伝えなければなりません。そのためクライアント企業について熟知する必要があります。

その後はキャリアアドバイザーと連携して、クライアントに人材を紹介します。

基本的に採用担当者とのやりとりが多いですが、採用は経営に大きくかかわってくるため直接経営者から相談を受けたり、クライアント企業の経営会議に参加して採用戦略の立案に携わったりすることもあります。

求職者のフォロー

キャリアアドバイザーとの連携も重要です。顧客に行ったヒアリング内容をもとにキャリアアドバイザーが求職者を推薦するので、キャリアアドバイザーと共に、求職者の選考や入社までのフォローを行います。

人材紹介サービスは一般的に成功報酬型の収益モデルです。紹介した人材が採用された場合、その想定年収の30~35%程度を得ることができます。求職者の入社が決まった際、企業に対し紹介手数料の請求をするのもキャリアアドバイザーの仕事です。

リクルーティングアドバイザーになるには 

リクルーティングアドバイザーになるには 

リクルーティングアドバイザーへの就職を目指すには、どのような条件をクリアしなければならないのかをみていきましょう。また求められるスキルも解説します。

リクルーティングアドバイザーになるための条件

リクルーティングアドバイザーになるための特別な資格はありません。しかし人材紹介会社の多くの募集広告には、人材紹介会社の勤務経験や法人向けの営業経験、基本的なパソコンのスキルが必須だと書かれています。

特別な資格がない分、就職への門戸は多く開かれています。若手がメインのベンチャー企業では、あえて人材を育てるために未経験可としている会社もありますし、業界特化型の人材紹介会社ではその業界経験者が重宝される傾向があります。

求められるスキル

リクルーティングアドバイザーは、経営者や人事部門の採用担当などにアドバイスをする立場です。ここでは求められる能力をみていきます。

コミュニケーション能力と交渉力

リクルーティングアドバイザーには、コミュニケーション能力や、契約につなげる交渉力が必要です。相手に認められなければ契約も取れず、アドバイスなど聞いてはもらえないため、企業経営者や人事担当者と信頼関係を築ける力が求められます。

多くの紹介会社の募集要項に、法人営業の経験やリクルーティングアドバイザーの経験が書かれています。それはある程度経験があれば即戦力として、クライアント開拓から入ることができるからです。

また新規開拓だけではなく既存のクライアントに対しても、紹介実績を積み重ねたあとフィーアップの交渉をすることがあります。現在法人営業職などに就いている場合には、商談の折衝能力をさらに磨いておくとよいでしょう。

市場と企業に対する俯瞰力

俯瞰力とは広い視野で全体を見渡す力のことです。営業のアポイントを取る電話は、ルーティンワークになりがちです。しかし企業からしたら似たような電話が多くかかってくるわけであり、即座にお断りの対象にされかねません。

電話先の企業に対して一歩引いて想像力を働かせてみると、「新規営業はつながないよう社長にいわれている」、「他社のサービスをすでに使っている」といったことが想像できます。その際には、どのような言葉が相手に届くか考えなければなりません。それがアポイントの取れる営業力です。

また市場を俯瞰する力も必要です。どのような業界や職種で成約が多く出ているか、その業種ではなにを必要としているか考察することで、無駄な行動を減らすことができます。

人材要件を把握するための傾聴力

クライアント企業の課題を解決するためには、その企業について知らなければなりません。なにがその会社の魅力なのか、なにを大切にしているのか、そしてどのような人材を何のために必要としているのか、経営者や人事担当者の話を聴き、理解する力が必要です。

傾聴力とは、単に相手の話していることに耳を傾けることではありません。真の魅力や課題を浮き彫りにするようなヒアリングを行う力です。そのことにより、キャリアアドバイザーに正確な情報を届け、求職者にとってより魅力的に映る求人票作成が可能になります。

ヒアリング力がないと、どこかでみたことがあるような通り一遍の求人原稿となり、数ある求人案件の中に埋もれてしまいます。また「この人はこの会社のことを深く理解しようとしてくれている」というクライアントの信頼を得るためにも、傾聴力は重要です。

求職者の魅力を伝える文章力

仕事の一つに、求職者の魅力を企業側に伝える推薦状の作成があります。履歴書や職務経歴書だけでは伝わらない、リクルーティングアドバイザーからみた求職者の魅力や、転職の背景などを記載します。

求職者のおすすめポイントを伝えるのはもちろんですが、人事担当者が気になっていること、たとえば転職回数や理由などに触れていると人事担当者も助かるでしょう。なぜなら多くの場合、履歴書の転職理由には「一身上の都合により」としか書かれていないからです。

特に人事担当者との信頼関係が築けている場合、この推薦状は強い意味を持ち、書類選考に影響します。

スピーディーかつ正確な対応力

採用活動は、刻一刻と変化します。採用が決まりクローズドする案件もあれば、新たにオープンする案件もあります。求職者側の状況も変わります。それらの情報を速やかにキャリアアドバイザーと共有し、正確に対応しなければなりません。

また求職者から企業に対して質問がある場合も、企業に確認しフィードバックをするのは、リクルーティングアドバイザーです。ほとんどの場合、求職者が直接企業とやりとりをすることはありません。

求職者やクライアント企業にノーストレスで採用活動をしてもらうためには、間に立つリクルーティングアドバイザーの迅速さと正確さが必要不可欠です。

人材紹介の業務・運営の悩みはサポートサービスで解決

人材紹介の業務・運営の悩みはサポートサービスで解決


人材紹介会社の業務は多岐に渡ります。中小の人材紹介会社には雑多な仕事も多く、効率性も求められます。そのため、工数削減や企業のRA力向上の一つとして求人データベースを活用する人材紹介会社も多いです。

求人データベースは、人材紹介会社向けに求人を提供し、事業拡大を支援するサービスです。専門性の高いRAが貴社にかわって採用課題をヒアリングし、人材紹介会社目線の求人票を作成してくれます。

たとえば求人データベースのひとつである、クラウドエージェントなら、業界経験豊富なRAが人材紹介会社目線で求人票を作成するだけでなく、各種ノウハウの提供だけではなく、候補者・自社・進捗の管理機能や求人データの活用など運営に関するサポートも充実しています。

サービスの詳細を知りたい場合には、資料請求をしてみましょう。

 

▼求人データベースについての詳しい記事はこちら

blog.crowd-agent.com

 

 

 


求人数NO.1!人材紹介会社のための
国内最大級求人データベースCrowd Agent(クラウドエージェント)

伸び悩む人材紹介事業を飛躍させるためのツールクラウドエージェント

pr.crowd-agent.com