転職エージェントの利用で内定率はあがる?内定率アップのポイントを解説

転職エージェントの利用で内定率はあがる?内定率アップのポイントを解説

普段、企業で人事として働く方の中には、「転職エージェントを利用すると内定率が上がるのか知りたい」「内定率をアップできる転職エージェントの選び方を知りたい」とお悩みの方もいるかと思います。結論から言うと、企業は転職エージェントを利用した方が、優秀な人材を採用できる可能性がアップします。

そこで本記事では、転職エージェントを利用した場合の内定率や内定率アップの理由をご紹介します。また、転職エージェントの選び方や内定率アップのポイントも合わせて解説しますので参考にしてみてください。

転職エージェントを利用した場合の内定率

転職エージェントを利用した場合の内定率

転職エージェントを利用した場合の内定率は、上場している会社と中小企業によって異なります。ここでは、企業規模ごとの転職エージェントを利用した際の内定率をご紹介します。

上場企業の場合

大手企業や上場企業の場合、およそ60%が転職エージェント経由の転職です。上場企業は通常業務で手がいっぱいのため、転職サイトを活用し、転職エージェントに採用候補者を探してもらうケースが少なくありません。

また会社によっては、売上アップのために営業職を増加し、人事などの管理部門の人員を削除している場合もあります。採用活動に関わる人手が不足しているからこそ、転職エージェントをよく活用している可能性も考えられます。

さらに上場企業の場合、転職希望者から人気が高く、たくさんの人がエントリーしてくるため、手間を削減する意味でも転職エージェントを活用した採用を頻繁に行います。こうした理由により、有名な会社などへの転職は、60%程度の転職エージェント経由となっています。

中小企業の場合

中小企業の場合、上場企業に比べて転職エージェントの活用による転職内定率は低く、20%程度にとどまっています。中小企業にエントリーする転職希望者は大手企業よりも少ない傾向にあり、企業は採用活動に時間を割くことができます。そのため、中小企業はそもそも転職エージェントを活用すること自体それほど多くありません。転職サイトを利用したり、学校に足を運び就職希望者に出会ったりして、人材獲得を目指します。

もともと転職エージェントを活用する機会が少ないことが要因となり、中小企業の転職エージェント活用による転職内定率は低くなります。

転職エージェントが内定率をアップできる理由

転職エージェントが内定率をアップできる理由
転職エージェントを利用すれば、内定率をアップさせることができます。内定率が上がる要因には、転職希望者に職務経歴書の書き方をアドバイスすることや、面接対策をすることなどがあげられます。ここでは、それらの要因について詳しく解説します。

職務経歴書の書き方をアドバイスしているため

転職エージェントは、転職希望者に対して、履歴書や職務経歴書の書き方をアドバイスしています。

一般的に、職務経歴書を作成する際は、企業研究や業界研究などの対策を行います。しかし、転職希望者は複数の会社に応募するため、各企業について調べる時間を作ることができない場合も多くあります。転職エージェントは、こうした転職希望者の悩みをサポートしています。

応募する企業の情報を教えるだけではなく、企業側から見たときに魅力的に見えるように職務経歴書を添削するため、書類選考通過率をアップできます。

面接対策を行っているため

転職エージェントは、面接対策も行ってくれます。模擬面接などによって、過去のデータをもとにした企業からの質問に対する回答を練習します。

また、転職エージェントは普段から採用側の企業と密に連絡を取り合っています。そのため、どのような人材を求めているのかを把握しており、面接において会社の重視しているポイントを転職希望者に伝えることができます。

さらに、声のトーンや見た目、話し方など細かな部分までチェックしてもらえるため、面接の通過率もアップしやすくなります。

誰でもサポートしているわけではないため

転職エージェントは、希望する企業に見合わない人材の場合、サポートを断っています。転職希望者の経験やスキルが会社とマッチしなかったり、転職エージェントが不得意な分野だったりした場合は、サポートを行わないケースもあります。

誰でもサポートするわけではなく内定の出る確率の高い求職者に絞ってサポートを行うため、転職エージェントを使用した場合の内定率は高くなっています。またこうしたやり方は、求人を出す会社側にとっても、企業に見合った人材をすぐに見つけられるためメリットとなります。

好条件の「非公開求人」があるため

転職エージェントは、一般的な転職サイトとは異なり、すべての求人を公開しているわけではありません。転職エージェントには「非公開求人」と呼ばれるものがあり、その求人は好条件・好待遇になっているケースも少なくありません。

給与面や待遇面の良い求人であれば、求職者が選考を辞退することはなく、内定率をアップさせることができます。また、求人を出す会社側は「非公開求人」をうまく活用することによって優秀な人材を集めやすくなります。

転職エージェントを利用した内定率アップのポイント

転職エージェントを利用した内定率アップのポイント

より内定率を上げるには、ただ転職エージェントを利用するだけでは不十分です。ここではより内定率を上げるために企業が行うべき取り組みをご紹介します。

転職サイトを併用する

転職エージェントだけではなく、転職サイトも合わせて利用することで、内定率を上げられる可能性があります。実際に求職者は転職エージェントではなく、転職サイトを利用して会社にエントリーすることも多い傾向にあります。会社にマッチする人材が必ずしも転職エージェントを利用するとは限りません。転職サイトを併用することで、より効率的に内定者を集めることができるようになります。

また転職サイトは多くの人が活用しているため、自社の求職情報をより多くの人に知ってもらう意味でも利用をおすすめします。ただし、転職サイトの場合、転職支援を受けられないため、転職希望者のことを考えると、転職エージェントと併用することが望ましいです。

企業の事業戦略を的確に伝える

転職エージェントを利用する際は、担当者に必要な人材の要件や企業の事業戦略を詳しく伝えることも、内定率アップのポイントです。転職エージェントは企業の採用担当者の代わりに、転職希望者に対して会社のことや今後のキャリアのことについて伝えてくれます。

事前に事業戦略や必要な人材の要件を共有しておくことで、転職エージェントが会社に見合った人材にアプローチしてくれる可能性が高まります。転職エージェントとやり取りする際は、抜けもれなく会社のことや求める人材などについて伝えるようにしてください。

内定率をアップできる転職エージェントの選び方

内定率をアップできる転職エージェントの選び方

内定率をアップさせるためには、以下の基準で転職エージェントを選びましょう。

  • 強みとなる特徴を持っているか
  • 早く人を紹介してくれるか

ここでは、内定率をアップできる転職エージェントの選び方をご紹介します。

強みとなる特徴を持っているか

それぞれの転職エージェントによって得意とする領域が異なるため、企業の属性に合った強みを持っている転職エージェントを選ぶようにしましょう。女性を採用したいのであれば、女性に特化した転職エージェントを、若い人を積極的に募集しているのであれば、20代・若手に強い転職エージェントを選ぶ必要があります。

また、業界に特化しているエージェントや中小企業に強いエージェントなどもあるため、選ぶ前に、各転職エージェントの特徴を理解しておくことが大切です。求職者に対して強いこだわりがないのであれば、特化型ではなく、さまざまな求人を取り揃えている総合型転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

早く人を紹介してくれるか

早く人を紹介してくれる転職エージェントの利用も、内定率をアップさせるポイントのひとつです。特に人手不足で早期に内定を出したい場合は、早くに面接までつないでくれるエージェントを選ぶようにしましょう。

また迅速に対応してくれる転職エージェントは、優秀な人材をたくさん抱えている可能性も高いです。逆に転職エージェントの対応が鈍い際は、優秀な人材を確保できないケースもあるため、変更することも検討しておきましょう。大手の転職エージェントならば、転職サポート実績を豊富に持っており、内定率をアップさせられる可能性が高いです。

転職エージェントを探すならクラウドエージェント

転職エージェントを探すならクラウドエージェント

転職エージェントを効率よく探すためには、クラウドエージェントがおすすめです。クラウドエージェントを利用すれば、工数を大幅に削減できるだけではなく、どんな人材でも採用できるチャンスが広がります。ここでは、クラウドエージェントの特徴を解説します。

工数を大幅に削減できる

クラウドエージェントは、求人を掲載することで、全国の転職エージェントから候補者が紹介されるサービスです。そのため、複数の転職エージェントとやり取りをする必要がありますが、契約から候補者が入社するまでのやりとりをクラウドエージェントのみで完結できます。つまり、会社にマッチする人材を集めながら、求人活動に必要な工数を大幅に削減できます。

やりとりはシステム上で行い、一般的なメールと同様に、難しい操作はありません。さらに、成果報酬型であるため、求人掲載料や導入費用などもかからず、無駄な出費を抑えられます。効率よく、費用を抑えて転職者を集めたい場合には、うってつけのサービスです。

どんな人材でも採用できる

クラウドエージェントを利用すれば、さまざまな領域に強みを持った全国3,800人の転職エージェントが候補者を紹介してくれます。そのため、「管理職が欲しい」「地方の人材を求めている」「若手を採用したい」「外国人を募集している」など、あらゆる採用課題を解決してくれます。

またクラウドエージェントでは、選考に欠かせない情報を蓄積でき、それを転職エージェントに伝えることができます。そのため、利用すればするほど候補者の質が高まっていく仕組みになっています。

転職エージェントを利用して内定率アップを図ろう

転職エージェントを利用して内定率アップを図ろう

転職エージェントでは履歴書の書き方のアドバイスや面接対策など求職者向けのサポートが充実しているため、結果的に利用者の内定率がアップしています。

また、企業側が転職サイトとの併用や企業の採用戦略を伝えることも大切です。内定率アップにはただ転職エージェントを使うだけなく、戦略的な利用の仕方を考える必要があります。

最後に、自社に合った転職エージェントを探している場合はクラウドエージェントがおすすめです。クラウドエージェントは、求人を掲載することで、全国の転職エージェントから候補者が紹介されます。気になる方は無料でできる資料請求からお試しください。

 


求人数NO.1!人材紹介会社のための
国内最大級求人データベースCrowd Agent(クラウドエージェント)

伸び悩む人材紹介事業を飛躍させるためのツールクラウドエージェント

pr.crowd-agent.com