人材紹介ビジネス成功の鍵、コンサルタントのスキルを高める方法

f:id:crowdagent:20160804174021j:plain

本日はキャリアコンサルタントのスキルを高める方法についてのお話です。 

 

 

人材紹介ビジネスが成功するかどうかは「コンサルタント」次第

 

過去、転職者数が求人案件数より多い、いわゆる「買い手市場」の頃は

人材紹介のノウハウ・知識が無い方でも、

『求人案件』か『求職者』のどちらかを確保していれば

成約を出すことは難しくありませんでした。

 

しかし、現在は転職者数が求人案件数より少ない「売り手市場」です。

 

転職者は人材紹介会社同士の奪い合いになっており、

たくさんの求人の中から条件に合ったものを探すようになったため、

成約を出すことは簡単ではありません。

 

業界経験が豊富なコンサルタント

独自の戦略でビジネスを成功させていますが、 

人材紹介事業を立ち上げたばかりの場合はそういった余裕もありませんし、

特に、知識・経験のないコンサルタント

戦略そのものを練ることが難しい現状があります。

 

 

 

始めたばかりのコンサルタントは、たくさんの「求人案件」に触れることが大切

 

コンサルタントを始めたばかりの方は、

一言で「経験値を上げる」と言っても

具体的に何をしたらよいのかわからないと思います。

 

まずは、沢山の求人に触れてみましょう。

そして、できるだけ多く頭に叩き込みましょう。

 

求めているスキルの特徴が、職種ごとにつかめるようになります。

  

そうすると、転職者とお会いしたときに

紹介できそうな求人案件がパッと頭に思い浮かぶようになります。


また、新たな求人案件を依頼された際に

「あの要件は必要ないのかな?」「採用要件に対して年収が低いのでは?」

など、求人案件の質が見極められるようになります。

 

 

 

転職者を検索する前にスカウトメールを作成。求人案件の理解度を高める

 

エージェントサイトよりスカウトメールを打つ際は、

スカウト対象の転職者を検索する前にスカウトメールを作ってみましょう。

 

求人案件だけでなく、企業の事もよく理解しておかなければ、

スカウトメール文を作成する事はできません。

 

求人案件をよく理解していれば、

どのような転職者にスカウトメールを送れば良いのか見えてきます。

 

 

 

スカウトメールの返信率に関しては、

「スカウトメールの返信率が低い人材紹介会社が見直すべき4つのポイント」も

ご覧ください。

crowdagent.hatenablog.com

 

 

 

* * * * *

 

いかがでしたか? 

 

ノウハウを人からもらうだけでは、その人を超える事ができない

と言います。

 

もらったノウハウを自分の形にすることで、

コンサルタントとしての強みを作っていきましょう。

 

 

==============================

クラウドエージェントは人材紹介会社様のための、収益化支援サービスです。

是非私たちに事業拡大のお手伝いをさせてください。

ご興味がおありでしたら、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

f:id:zumesan:20190110102127p:plain