人材紹介会社なら知っておくべき転職者を集める3つの方法

f:id:crowdagent:20160722153445j:plain

本日は人材集客についてのお話です。

 

人材紹介業を安定的に行うには、常に一定の転職者と接点を持つ必要があります。

しかし、ホームページを開設し、「転職をお考えの方はこちらのフォームよりお申込みください」とするだけでは安定的な集客はのぞめません。

 

そこで今回は、3つの集客方法と、それらのメリット・デメリットを合わせてお伝えいたします。 

 

1)スカウトサービスを利用する

メリット:大量の転職者に精度の高いアプローチができる

デメリット:費用がかかる、競合が多い

転職サイトに登録している転職希望者に、「スカウトメール」と呼ばれる面談希望メールをお送りし、集客する方法です。学歴、職務経歴を閲覧することができるため、希望するスキルをもった転職者にピンポイントでアプローチすることができます。

しかし、集客の有無に関わらず月額費用が発生すること、他紹介会社も多く利用していることから、返信率を高める為に「質・量」共に工夫をしなければなりません。

このため、専任のスカウト担当者を採用している紹介会社もあるほどです。

人材紹介業を行うにあたり、初期投資が可能であれば利用したい方法です。

 

2)自社サイトへ求人を掲載する

メリット:転職者の転職意欲が高い

デメリット:時間がかかる、集客数が安定しない

自社の専門サイトを立ち上げ、求人を掲載し、転職者からの応募を待つ方法です。

自社サイトに直接相談が来るため比較的転職意欲の高い方が多い傾向にあります。

しかし、自社サイトが転職者の目に触れるよう、サイトのコンセプト決定や作り込みが重要になってきます。また、応募してきた転職者が求人の要件に見合わなかったり、応募数が安定しない事もあります。

サイト構築の知見がある方や専門業界の人材紹介を行う際は有効な手段かもしれません。 

 

3)転職者に友人を紹介してもらう

メリット:費用がかからない・人材を独占できる可能性が高い

デメリット:大量の集客ができない

現在、支援中の転職者から同じく転職を考えている友人を紹介いただく方法です。

転職意欲が高いことが多く、またスカウトや自社サイトで集客した転職者に比べ他の紹介会社が接点を持っていない事が多いため、人材を独占する事が可能です。

しかし、必ず友人を紹介していただけるわけではないので大量の集客には向きません。

 

* * * * *

 

いかがでしたでしょうか?

3つの方法を上手に組み合わせて、安定的な集客を行いましょう。

 

 

===============================

クラウドエージェントは人材紹介会社様のための、収益化支援サービスです。

是非私たちに事業拡大のお手伝いをさせてください。

ご興味がおありでしたら、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

f:id:zumesan:20190110102127p:plain