人材紹介応援ブログ|クラウドエージェント

求人データベース「クラウドエージェント」がお届けする人材紹介のノウハウです

ビズリーチとは?人材紹介会社が活用する際のメリット・注意点を解説

ビズリーチとは?人材紹介会社が活用する際のメリット・注意点を解説ビズリーチという転職サイトは見かけたことがあるけれど、どのようなサービスなのか詳しく知らないという方もいるでしょう。

ビズリーチは、ハイクラスな求職者を対象にした転職サイトです。会員になれる求職者は、ビズリーチ側が設定した一定の基準を超えていることが条件であり、スカウトメールを通じて直接コンタクトが取れるため、人材紹介会社が活用すればビジネス拡大にも役立ちます。

本記事では、ビズリーチの基本情報のほか、人材紹介会社が利用した際のメリットや活用時の注意点を解説します。

ビズリーチとは?

ビズリーチとは?

転職サイトと一口にいっても、その種類はさまざまです。ビズリーチがどのような転職サイトなのか、概要を解説します。

ハイクラスの求職者を対象とした転職サイト

ビズリーチは、特にプロフェッショナルとしての資格や経験を持ち、企業にとって即戦力となりうる30代から40代前半の求職者が対象となる転職サイトです。

登録時にビズリーチ側が設けた独自の基準に基づいて審査され、合格した求職者だけがサービスを利用できます。

また、求職者と直接コンタクトをとれる企業も、累計で15,500社と厳選された会社だけです。現時点までに公開求人数は127,000件以上と豊富で、そのうちの3分の1以上を年収1,000万円以上の求人が占めています。

求職者が利用できるサービスは有料会員と無料会員で分けられており、有料会員になるとすべての求人に応募できるほか、さらにワンランク上の求人も紹介してもらえます。

求職者と企業、人材紹介会社や転職エージェント全体がビズリーチの顧客として位置づけられており、一定以上の基準を満たしていることが求められる転職サイトです。

運営しているのは株式会社ビズリーチ

運営する株式会社ビズリーチは、インターネットを活用した人材サービスを提供する会社です。東京都渋谷区に本社を置き、転職サイト「ビズリーチ」のほかにも、次のような人材・人的資源事業を中心にサービスを提供しています。

  • 転職したい20代向けの転職サイト「キャリトレ」
  • OB/OGとコンタクトをとれる「ビズリーチ・キャンパス」
  • 人財活用プラットフォーム「HRMOS(ハーモス)」

ビズリーチの特徴

ビズリーチの特徴

転職サイトとしてのビズリーチの特徴は「対応する業種が幅広い」ことと、「優秀なヘッドハンターが在籍している」という2点です。それぞれ詳しく解説します。

幅広い業種の求人情報を扱っている

ビズリーチが扱う職種は100種以上あり、たとえば「営業」なら、法人営業や個人営業、営業企画、営業事務・アシスタントなど、12種に細分化されます。業種も50種以上と、多くの業界に対応しています。

また、勤務地は47都道府県に加えて、中国や韓国などの海外も選択できます。こうした幅広い組み合わせにより、5,000パターン以上の求人情報が掲載されています。

この豊富な求人情報を求めて、多くの転職者が登録している点も特徴です。新規登録者は毎月51,000人を超え、登録者数は123万人以上となっています。

優秀なヘッドハンターが在籍

ビズリーチに在籍するヘッドハンターは約4,600名です。ヘッドハンターも一定の基準を満たしていることが条件で、会員満足度や面談満足度など5つの評価項目をもとに、5点満点でスコアがつけられています。

有料会員は、このスコアをもとに評価の高いヘッドハンターを選んで、直接相談を依頼することも可能です。

2011年からは毎年、このヘッドハンタースコアをもとにヘッドハンターを評価し、全11の賞で総勢11名を表彰する「JAPAN HEADHUNTER AWARDS」がおこなわれています。

業種別のMVPや、地方求人案件に強いヘッドハンターに贈られる地方創生部門賞などもあるため、求職者は賞を参考にして、特定の分野における優秀なヘッドハンターを選ぶことができます。

ビズリーチを人材紹介会社が活用するメリット

ビズリーチを人材紹介会社が活用するメリット

ビズリーチの特徴と概要を確認したところで、人材紹介会社がビズリーチを活用した際に得られる3つのメリットを解説します。

  • 能力の高い即戦力ある人材を探せる
  • より早く条件にあった求職者を見つけられる
  • 離職率を下げることができる

メリットを詳しく確認して、ビズリーチを活用するヒントにしてみましょう。

能力の高い即戦力ある人材を探せる

ビズリーチに登録できる求職者は、ビズリーチ側の審査に通過した人のみです。具体的な評価基準は公表されていないものの、次に当てはまる場合は登録できない可能性が高いとされています。

  • 職歴が全くない
  • 短期間に複数の転職を繰り返している
  • 自衛隊や芸能人など特殊な経歴がある
  • 年代が40代後半以降
  • マネジメントの経験がない
  • 現職の年収が低い

逆を言えば、登録されている人材はこれらの条件に当てはまらないため、能力の高い即戦力となる人材が探しやすいと言えるでしょう。

より早く条件にあった求職者を見つけられる

条件に合う求職者がなかなか見つからない場合、ビズリーチを利用すればメリットがあります。求職者を条件で検索し、スカウトメールという形で直接コンタクトをとれるからです。

現在はさまざまな方法で採用活動ができるようになり、転職サイトだけでなく、Web広告として求人広告を出稿するケースも増えています。しかしWeb広告の場合、求職者が何らかのアクションを起こすまで、こちらからコンタクトをとれない点がデメリットです。

ビズリーチなら、早い段階で条件に合う求職者を探し出せるだけでなく、すぐにスカウトメールを送信できるため、他社より早く優秀な人材にコンタクトがとれるでしょう。

ビズリーチにはお試し利用サービスがあり、求める人材が登録されているか、候補者や人材データベースを試しに利用してみることもできます。気になる方は、条件に合う求職者がビズリーチにいるか、事前に確かめてみるとよいでしょう。

離職率を下げることができる

ビズリーチの活用は、離職率を下げることにもつながります。こちらからコンタクトをとることで、求人を出している企業側が大切にしている理念など、働き方にかかわる部分をあらかじめ求職者へ伝えておくことができるためです。

求職者が企業のことを良く理解したうえで就職するため、「実際に入ってみたら違った」といった食い違いをなくし、離職率を下げることにつながります。

人材紹介会社は、せっかく転職先を決められてもすぐに離職されてしまうと報酬は得られません。ビズリーチなら、雇用のミスマッチを防ぐ効果も期待できます。

ビズリーチを人材紹介会社が利用するときの注意点

ビズリーチを人材紹介会社が利用するときの注意点

優秀な人材へスピーディーにアクセスできるビズリーチですが、人材紹介会社が利用するときに注意したいポイントが2つあります。

スカウトメールを読んでもらえない可能性もある

ビズリーチの口コミ情報において、「スカウトメールが大量に届く」という点をデメリットに感じている意見がありました。日によっては数十件ものメールが届くため、すべてを確認できなかったという口コミもあります。

こちらからコンタクトをとることができるのはビズリーチのメリットですが、求職者側がメールすべてを確認しきれない可能性があることは、頭に入れておきましょう。

大手の転職エージェントと競うこととなる

優秀な人材を獲得しやすいビズリーチでは、株式会社リクルートや株式会社パソナなど、大手転職エージェントと競うことになります。小さな人材紹介会社は、多くのスカウトメールの中に埋もれてしまい、情報を求職者へ届けるという点では不利になってしまう可能性があります。

また、ビズリーチに登録する人の中には、さらに魅力的な求人をもつ大手転職エージェントに出会うことを目的としているケースもあります。スカウトメールを読んでもらえたとしても、求人に魅力を感じてもらえず、返信につながらないかもしれません。

紹介できる求人を増やしたい場合は、豊富な求人を保有するクラウドエージェントなどの求人データベースを活用することも検討してみましょう。

ビズリーチを利用するときの流れ

ビズリーチを利用するときの流れ

ビズリーチを通じて求職者を探す際には、まず利用開始までの手続きをしたうえで、求職者を探す必要があります。利用までの流れを簡単に説明します。

利用開始までの準備

ビズリーチの利用開始までは、最短5営業日かかります。申し込みまでのステップは次の5つです。

  1. ビズリーチのサイトから価格表をダウンロードし、費用を確認する
  2. ビズリーチへ問い合わせフォームか電話「0120-954-820」で問い合わせる
  3. ビズリーチの担当者からの提案内容を確認し契約を結ぶ
  4. 導入ミーティングをする
  5. 利用開始

ビズリーチでは、転職に関する実態調査レポートなども公表しています。利用開始前にダウンロードし、情報収集からスタートするのもおすすめです。

求職者を検索から採用する

利用開始後、求職者の検索をおこないます。

  1. 検索機能で条件に合う求職者を探す
  2. スカウトメールを送信する
  3. 面談・面接
  4. 内定

注意点にも挙げたように、スカウトメールは必ずしも読んでもらえるとは限りません。求職者の興味を引く件名をつけたり、なぜスカウトメールを送ったのかわかりやすい冒頭文にしたり、読んでもらうための工夫も大切です。

ビジネス拡大には求人データベースもおすすめ

ビジネス拡大には求人データベースもおすすめ

求人データベースとは、他社が保有する求人をまとめたデータベースを検索し、自社が保有する求職者に紹介できるサービスのことです。

求人データベースを利用するメリットは、豊富な求人情報が得られるため、自社で求人を開拓する必要がない点です。

自社で企業へのアポイントを取ったり新規求人を開拓したりする手間が省かれるため、先行管理や入社までのサポートなど、コア業務へ集中しやすくなります。また、多くの求人情報が得られるため、マッチング力の向上も狙えるでしょう。

おすすめの人材データベースは、幅広い求人情報を保有し、契約後は専任コンサルタントからのサポートも受けられるクラウドエージェントです。

人材紹介会社目線で作られた求人情報や、求人に関する企業側の面接情報なども確認できるため、求職者へ適切なアドバイスをしやすくなります。興味がある方は、まずは資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

ビズリーチを活用すれば即戦力の人材を探せる

ビズリーチを活用すれば即戦力の人材を探せる

一定の基準をクリアした求職者が登録できるビズリーチでは、即戦力のある人材を探せるだけでなく、企業や人材紹介会社側から直接コンタクトをとることができます。

対応している業種や職種も豊富なため、幅広い分野で経験を積んだ人材を探して、ビジネス拡大へ役立てることができるでしょう。

ただし、優秀な人材が多い反面、直接コンタクトをとるまでが難しかったり、大手転職エージェントが競争相手となったりする注意点もあります。ビジネス拡大を目指す際には、紹介できる求人数を増やし、コア業務へ集中しやすくなる求人データベースを活用するのもおすすめです。

まずはメリットとデメリット、サービス内容や料金などを把握したうえで、自社に合うサービスか検討してみてはいかがでしょうか。

▼最新セミナー開催情報はこちら 

 

クラウドエージェントセミナー一覧

 


導入数・求人数NO.1!人材紹介会社のための
国内最大級求人データベースCrowd Agent(クラウドエージェント)

伸び悩む人材紹介事業を飛躍させるためのツールクラウドエージェント