人材紹介業はどんな未来が予想される?コロナの影響から解説

人材紹介業はどんな未来が予想される?コロナの影響から解説

人材紹介業は今後どうなる?

人材紹介業は今後どうなる?

「人材紹介業に参入したいけれども、どんな未来が予想されているのか知りたい」「人材紹介業で成功する秘訣を把握したい」など、人材紹介業の将来性が気になっていませんか。

近年の人材紹介業界は、景気悪化で紹介先企業が減少したり、リモート面接への対応が求められたり、今までとは違ったパフォーマンスを求められているといえるでしょう。

そこでこの記事では、人材紹介業の予想される未来や人材紹介業の立ち上げでよくある失敗の原因だけではなく、人材紹介会社が未来で生き残るポイントも解説します。

人材紹介業の予想される未来

人材紹介業の予想される未来

人材紹介業で予想されている未来は、次の通りです。

  • 景気の悪化で紹介先の企業が減少
  • ビジネスモデルの変化
  • 人材紹介業の淘汰
  • リモート面接への対応が求められる

こうした未来について理解を深めて、人材紹介業を成功させましょう。

景気の悪化で紹介先の企業が減少

コロナの影響は、2009年のリーマンショックのときと同じように、人材業界の市場を大きく減少させています。

景気が悪化することでリストラなどで求職希望者が増加しても、それを受け入れられる余裕のある会社は多くありません。

つまり、人材紹介業で予想されている未来は、明るいとは判断できないでしょう。景気悪化で紹介先の企業が減少している状況は、一時的なのか、それとも長期的なのかは不明のため、人材紹介業をスタートさせたい場合は、しっかりと事前対策する必要があります。

コロナによる人材紹介市場への影響については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

ビジネスモデルの変化

これまでの人材紹介業は、紹介した人材の年収をもとに報酬を受け取るビジネスモデルでした。今後はそれだけでなく、求職者のキャリアコンサルティングやレンタル型人材紹介などで報酬を受け取っていくビジネスモデルになる可能性もあります。

レンタル型人材紹介は、一時的に従業員を減らしたい業界と人材不足で困っている業界をマッチングさせるもので、従来の人材紹介よりも、求職者の募集コストを減らせます。人材紹介業で安定した収益を確保するためには、情勢に合わせてビジネスモデルを変えていくことも求められます。

人材紹介業の淘汰

人材紹介業の成長や拡大は、昔から起こっているものではなく、比較的最近の現象です。人材紹介業自体、昔からあるビジネスモデルではありません。だからこそ、今後は淘汰されてしまうかもしれませんし、逆にイノベーションを起こしやすいとも言えます。

また近年では、職業安定法の改正によって、事業者の実績を見せることも必要となりました。紹介会社の決定実績や返金制度、得意職種、離職人数、手数料なども求職者からチェックできます。こうした実績においてアドバンテージがなければ、数ある人材紹介会社の中から自社を選んでもらうことは難しくなっていくでしょう。

リモート面接への対応が求められる

コロナによって、対面形式の面接は難しくなり、リモート面接への対応が求められることも人材紹介業の予想される未来です。リモートでの面接には、主に次の2つの手法があります。

  • 求職者の回答を録画し評価する「録画型面接」
  • 従来の面接をオンラインで行う「ライブ型面接」

こうしたリモート面接によって、スケジュール調整が簡単になり、コストカットにもつながります。

人材紹介業の立ち上げでよくある失敗の原因

人材紹介業の立ち上げでよくある失敗の原因

人材紹介業の未来だけではなく、人材紹介業の立ち上げでよくある失敗の原因も把握しておけば、成功できるチャンスを掴めます。その詳細は次の通りです。

  • 戦略や業界事情の把握が曖昧なまま起業してしまう
  • 収入を得るまでのタイムラグの見込みが甘い
  • 書類や要件の確認不足で人材紹介業の許可申請がおりない

各項目について詳しく解説します。

戦略や業界事情の把握が曖昧なまま起業してしまう

人材紹介業の立ち上げ前に、基本的な戦略を立てておかない場合、事業に失敗するリスクがあります。基本の戦略がはっきりとしていないと、根本的に誤っているビジネスモデルを継続してしまい、たとえ運営の中で改善を繰り返したとても上手くいかない可能性が高いです。

業界の全体像やディテールを把握し、その上で戦略を明確化しないと事業はうまくいきません。その上で、情勢に合わせたリモート面接などのビジネスモデルの変化も求められます。

収入を得るまでのタイムラグの見込みが甘い

一般的な人材紹介業では、報酬を受け取るまでに時間がかかります。人材紹介業の収入は、紹介した人材が求人企業に採用されたときに初めて発生するためです。収入を得るまでのタイムラグの見込みが甘い場合、資金不足になってしまう可能性があり、人材紹介業を持続できなくなるリスクがあるでしょう。

また資金不足によって次の一手が打てなくなり、せっかくのチャンスを逃してしまうケースも少なくありません。

書類や要件確認不足で人材紹介業の許可申請がおりない

人材紹介業を始める際は、国の許可が必要です。書類や要件の確認不足の場合、許可申請が下りず、人材紹介ビジネスを始められません。人材紹介の免許を取得するためには、次の3つの基準があります。

人材紹介の許可基準 詳細
お金の基準
  • 基準資産が500万円以上
  • 現金預金額が150万円以上
事務所の基準
  • 事務所専用固定回線
  • 鍵のかかる金庫・ロッカー
  • 約180cm(高さ)のパーテーションで区分けされた面談スペース
人の基準
  • 成人
  • 3年以上の就業経験
  • 別の会社の社員ではない
  • 職業紹介責任者講習の受講が済んでいる
  • 受講証明書が発行されている

基準資産500万円は、ローンなどの負債がある場合、現金500万円があっても許可されません。事務所の基準は、事務所を借りたり改築したりする前に、必ず確認しておきましょう。

面談スペースも、ガラス張りの共有会議室などは認められないため、注意が必要です。また人材紹介の免許なしでの事業運営は、刑罰の対象となります。

事業の許可申請に必要な書類は、次の通りです。

  • 許可申請書
  • 事業計画書
  • 住民票
  • 履歴書
  • 定款
  • 登記簿謄本
  • 貸借対照表および損益計算書
  • 残高証明書
  • 事務所の賃貸借または使用貸借契約書

こうした手続きを面倒に感じる場合は、申請書類の代行支援サービスを活用しましょう。

免許申請のサポートサービスとしてはクラウドエージェントがおすすめです。書類作成のサポートや免許取得のアドバイス、労働局への免許申請代行などをしてくれます。相談は無料、土日夜間・年中無休で対応してもらえます。約5,000件の豊富な求人データベースを提供していたり、事業に関する相談も受け付けていたりと運営段階でも頼れるサービスです。起業から事業の拡大期までトータルでのサポートを頼めます。

pr.crowd-agent.com

新規の人材紹介会社が未来で生き残るポイント

新規の人材紹介会社が未来で生き残るポイント

新規の人材紹介会社が未来で生き残るポイントは、次の通りです。

  • 人材紹介のサポートサービスを導入
  • 人材紹介会社の運営コストをカット
  • 自社だけの強みを作る
  • 最新の情報を積極的に勉強

人材紹介のサポートサービスを導入

人材紹介事業を立ち上げる際、初めから全部のシステムを自社で作ろうとしても、膨大な時間・費用がかかってしまうリスクがあります。効率よくスムーズに人材紹介業界に参入するためには、人材紹介のサポートサービスを導入することをおすすめします。

中でクラウドエージェントは、多くの人にとっておすすめできるサービスです。5,000件以上の求人をすぐにでも使用できるだけではなく、簡単にTODO管理できる進捗管理機能やヒアリングシートもある候補者管理機能、管理検索可能な自社求人管理機能といった手間のかかる工数を減らしてくれるサービスも整っているからです。

さらに、定期的に開催される無料セミナーや専任コンサルタントによる事業成長のためのレクチャーもあり、初めての人材紹介業において、強い味方になってくれるでしょう。クラウドエージェントの詳細を知りたい方は、資料請求してみてください。

pr.crowd-agent.com

人材紹介会社の運営コストをカット

人材紹介会社を運営する際、500万円の資本金や事務所、有料職業紹介事業の許認可が必要です。さらに、キャリアアドバイザーや営業などを雇う人件費も欠かせません。こうした運営コストの中で、節約できる部分を探してコストカットを目指すことも、人材紹介会社が未来で生き残るポイントです。

オフィスであれば、賃料の安い場所を選んだり、レンタルオフィスを利用したりするだけで、コストカットできます。事業が軌道に乗るまでは、余計な出費を抑えるようにしましょう。

自社だけの強みを作る

人材紹介市場で生き抜くためには、自社だけの強みを作らなければなりません。数多くの大手人材紹介会社があり、豊富な人材データや実績を誇っているため、しっかりと差別化しなければライバル会社に勝てません。

おすすめの戦略は、特定の業界・業種に絞った人材紹介事業にすることです。このビジネスモデルならば、将来性のある業界・業種の場合、マッチングしやすいだけではなく、幅広い業界を扱わないからこそ、始めやすいメリットがあります。

また、特定の地域においてマッチングを行う人材紹介事業もおすすめです。地元企業から信頼を得られれば、大手が獲得できない求人も取得できるでしょう。さらに、一部エリアでのシェア率も高められます。いずれにしても、戦略を明確にして業界事情をしっかりと把握し起業することで、事業を成功させられる可能性がアップします。

最新の情報を積極的に勉強

基本的なスタンスとして、業界の最新情報を積極的に吸収することも求められます。そうしなければ、他社に負けないビジネスモデルを構築したり、新しい事業をスタートさせたりすることが難しいからです。常に最新の情報を仕入れることで、競合に勝てるような戦略を立てやすくなるでしょう。

業界の最新情報は、書籍やメルマガなどでも入手できますが、セミナーや勉強会などに参加することもおすすめです。セミナーや勉強会では、懇談会や交流会がセットになっていることも多く、そこで新しい情報を手に入れられたり、業界の裏話を聞けたり、人脈を作れたりします。

また自主的に勉強して得た知識を社内で共有することで、事業成長につなげられるでしょう。最新の情報を積極的に勉強することを怠らず、未来で生き残る会社を運営していきませんか。

人材紹介業の未来を予測し対策をしながら運営

人材紹介業の未来を予測し対策をしながら運営

人材紹介業には、景気悪化で紹介先企業が減少したり、ビジネスモデルの変化が起きたり、リモート面接への対応が求められたりする予想される未来があります。こうした未来を把握するだけではなく、人材紹介業の立ち上げでよくある失敗の原因についても理解を深めておきましょう。

戦略や業界事情の把握が曖昧なまま起業してしまったり、収入を得るまでのタイムラグの見込みが甘かったりした場合、事業をうまく軌道に乗せられません。

新規の人材紹介会社が未来で生き残るためには、できるだけ運営コストをカットしたり、自社だけの強みを作ったりすることが重要です。人材紹介のサポートサービスを導入することで、運営しやすくなるでしょう。人材紹介業の未来を予測し対策をしながら、会社を運営しませんか。

 

クラウドエージェントでは、最新データから読み解くノウハウセミナーを定期開催しています。厚生労働省や総務省の情報、証券会社のアナリストレポート等を活用した現状分析、将来予測などを踏まえた、人材業界向けノウハウをオンラインにて提供しています。

当社の国内最大求人数を誇るNo.1求人データベースを提供している会社として様々な非公開情報を提供させていただきますので、興味がある方は是非お申し込みください。

 

▼最新セミナー開催情報はこちら  
クラウドエージェントセミナー一覧

 


求人数NO.1!人材紹介会社のための
国内最大級求人データベースCrowd Agent(クラウドエージェント)

伸び悩む人材紹介事業を飛躍させるためのツールクラウドエージェント

pr.crowd-agent.com