人材紹介応援ブログ|クラウドエージェント

求人データベース「クラウドエージェント」がお届けする人材紹介のノウハウです

LinkedInのスカウト機能を効果的に使う方法とは【人材紹介に使える】

LinkedInのスカウト機能を効果的に使う方法とは【人材紹介に使える】
最近、採用活動の分野で注目を集めている「LinkedIn(リンクトイン)」というサービスをご存知でしょうか。ビジネスツールに特化したSNSで、従来のSNSよりもさらに転職や採用に役立てることのできるサービスです。

LinkedIn(リンクトイン)ではスカウト機能を使うことにより、気になる求職者に対して直接アプローチをすることができます。LinkedInを効果的に利用するためには、このスカウト機能をうまく使いこなす必要があります。そこで本記事ではLinkedInのスカウト機能の使い方や活用することによって得られるメリットを紹介します。

LinkedInのスカウト機能を使って採用活動の幅を広げたいと考えている人は、本記事を参考にしてみてください。

LinkedInでスカウトを行う5つのメリット

LinkedInでスカウトを行う5つのメリット

LINEやInstagram、Twitterなど他のSNSと比較しても、まだまだ知られていないLinkedIn(リンクトイン)ですが、使用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。ビジネスに特化したSNSだからこそ得られるメリットを解説します。

①潜在的に転職を考えている人材にアプローチできる   

転職を考えている人のうち、どれくらいの人が実際に転職活動を行うのでしょうか。

実際のところ転職活動にまで行動を移す人は少なく、転職活動に積極的ではないものの機会があれば検討したいと考えている「転職潜在層」が多くを占めています。

つまり、転職市場に現れない転職潜在層のなかにも優秀な人材が多く隠れていることがあるということです。

このような転職潜在層は、一般的な転職市場には出てきません。しかし、LinkedIn(リンクトイン)をうまく活用すれば隠れている転職潜在層の優秀な人材を見つけることができるようになります。

LinkedIn(リンクトイン)はビジネス特化型のSNSなだけあって、効率良くビジネスに関する情報を収集することができたり、仕事上の関係構築を築くことができたりするため、転職潜在層へのアプローチも可能となります。

②企業側から直接アプローチできる

LinkedIn(リンクトイン)では、スカウト機能を使って企業側が求職者に対して直接アプローチをすることができます。

LinkedIn(リンクトイン)はあくまでSNSのひとつなので、登録さえしていれば誰でも利用することができます。登録しているユーザーであれば、第三者を介さずSNS上で連絡を取り合ってスカウトすることも可能となります。

今までは、求人に対して応募してきてもらうのを待ったり、人材を第三者に紹介してもらったりと採用に関して受け身だった企業側も、スカウト機能を活用することで社外で気になる人や興味のある人に直接アプローチしやすくなります。

電話やメール、面談などでのコミュニケーションよりもフランクなやり取りができるため、ユーザー側も返信やコンタクトをとりやすくなり、行動を起こしやすくなります。

このように、企業側にとって、今まで以上に柔軟な採用活動ができるようになるという点がLinkedIn(リンクトイン)を使用する大きなメリットとなります。

③コスト削減につながる

LinkedIn(リンクトイン)では、第三者を介さずに採用候補者と直接コンタクトを取ることができるので、採用にかけるコストを大幅に削減することができます。

通常、企業側は、誰かを採用しようと思ったとき、人材派遣会社やエージェントを介すと、実際に採用となった場合に手数料を支払わなければなりません。

一般的に紹介手数料の相場は採用した人材の年収の30%と言われています。紹介手数料の大小は条件によっても異なりますが優秀な人材ほど高くなる傾向があります。

また、求人広告サイトなどを活用した場合にも、同様に手数料が発生します。

しかし、LinkedIn(リンクトイン)では、企業が自ら人材を探し、告知も自ら行うことができるため、採用にかかる費用を削減することができます。

また、第三者を介して採用を検討している場合に起こり得る、採用した人物が自社の社風やニーズに合致していないなどの理由によるミスマッチの回数も減らすことができるので、スピーディーに採用を検討することが可能になる点も魅力の一つです。

④長期的な関係を構築できる

LinkedIn(リンクトイン)では、会社ページを作ることで、会社に興味を持った人にフォローしてもらい、多くの採用候補者とつながりを持つことができるようになります。

子どもが大きくなるまで転職できない人や、現在の職でプロジェクトが進行しておりすぐに辞めることができないなど、採用したくなるような優秀な人材の中には様々な事情ですぐには転職できないという人もいます。

そうした求職者に対しても、転職ができる状況になれば自分の会社のことも検討してほしいということを伝えておくこと、その後の関係を構築することができます。

長い目で見たつながりを増やすことで、優秀な人材を確保しておくことにつながります。こうした「転職潜在層」にアプローチができる点が、他のSNSにはない魅力です。

また、名刺などにもLinkedIn(リンクトイン)の自社ページをPRしておけば、現在LinkedIn(リンクトイン)に登録していない人にも求人をアピールすることができます。

自社のアカウントで未来の採用候補者を一括管理できる点も、LinkedIn(リンクトイン)ならではの魅力です。

⑤アプローチの結果を可視化できる

LinkedIn(リンクトイン)には、誰が自分のページをチェックしているのかを可視化できる足跡のような機能があります。

この機能は、求人誌や求人サイトへの掲載では正確に把握できない「何人に接触して何人から反応があったのか」「自分の会社に興味を持った人が何人いてどんな人がいるのか」を明確にしてくれます。

結果を数値化するので、自社ページの作り方やアピール方法などを検討するのにとても参考になるデータを取得できます。

より効果的に優秀な人材を見つけたい場合には、自分の会社に興味を持っている人が何人いるのかを数値化することはとても有効です。

LinkedInのスカウト機能を人材紹介会社が活用するためには

LinkedInのスカウト機能を人材紹介会社が活用するためには

日本の人材紹介会社にもLinkedIn(リンクトイン)を利用する企業が少しずつ増えてきました。優秀な人材を獲得するために、どのように活用すれば良いのでしょうか。

①求人掲載を充実させる

企業がLinkedIn(リンクトイン)を活用する際には、会社ページを作成することができます。その会社ページで求人情報を掲載することが可能です。

会社ページでは積極的に情報を投稿するのがおすすめです。情報が頻繁に更新されれば、それだけ個人ユーザーに企業の意欲を伝えることができます。

また、掲載する求人情報はできるだけ詳細に掲載することもポイントです。

会社名、職種、勤務地は当然ですが、可能であれば業界、採用するポジションの内容、求めるスキルなども合わせて掲載するようにしてください。

特に求めるスキルについては、できるだけ具体的に記載しておくと求職者にとって分かりやすくなります。「TOEIC〇〇点以上」や「javaが使える」といったように、個人ユーザーが判断しやすいスキルを掲載するようにしましょう。

また、日々の投稿では、日常的な社内の様子をアップすると会社の雰囲気が掴みやすくなるのでおすすめです。

転職の際、良好な人間関係構築のために会社の雰囲気を大切にする人は多くいます。入社してみたら雰囲気が違ったということにならないよう、よくある日常の光景を発信しておくことはとても大切です。

②ユーザー検索を利用する

LinkedIn(リンクトイン)ではユーザー検索をすることができます。ユーザー検索とは、求めるスキルやそれまでの職種、役割といったようなさまざまな条件で検索をかけることができる機能です。

ユーザー検索をするため、また、ユーザー検索を行って有益な情報を得るためには、自社が求める人物がどのような人物か、求めるスキルはどのようなものかといったイメージを明確化しておくことが大切です。

また、検索する方法も重要です。どのような検索方法を用いれば自社が求める人物像がヒットしてくるのか何度も検索語を変えて実施するなどして工夫してみましょう。

③関係構築から始める

LinkedIn(リンクトイン)で優秀な人材を獲得するためには、今すぐ人材を獲得できるものと思わずに長期的な視点で取り組むことが大切です。

まずは、スカウトメールなどを活用してフランクな関係構築を目指すのがポイントです。いきなり転職の話を持ち出すのはNGと心得ておきましょう。お互いのことを知り、理解を深めて信頼関係を構築することから始めるのがおすすめです。

コミュニケーションをしっかりと取り、ビジネスだけでなく趣味の話などをできるような関係を築けていれば、いざ転職したいと思ったタイミングで相談を持ちかけられる可能性が高まり、こちらからアプローチする最適なタイミングを逃さずに済みます。

④アプローチの理由を具体的に書く

スカウトメールを送っても、目に留まる内容でなければ、ユーザーの記憶に残ることはありません。

そうならないためには、スカウトメールを送った理由を明確に記すことがポイントです。

「相手は自分のどんな部分に魅力を感じてくれているのか」ということがはっきりと分かるような文章を作成し、メールの序盤に記載することが大切です。

魅力を感じた理由が明確になっておらず誰にでも使い回せそうなありきたりな内容だったりすると、相手は興味を持つどころか会社に対して不信感を抱く可能性もあります。

LinkedIn(リンクトイン)のプロフィールなどを見て、経歴や人柄、スキルなどに触れながら、それぞれのユーザーに合った具体的な内容のスカウトメールを送るようにしましょう。

⑤丁寧な文章を心がける

スカウトメールは、企業の第一印象を決める大切なコンタクトです。そのため、言葉遣いや誤字脱字にも十分に注意しましょう。

スカウトメールを送った相手に、企業やそこで働く社員をどのようにイメージしてもらいたいかを考えて、メールの文面を考えるようにしましょう。

一方的にスカウト内容を送りつけるのではなく、自社と関係を維持していくことがユーザーにとってもメリットのあることだということを伝えられるような状態が理想です。

好印象を与えるスカウトメールであれば、最後までメールを読んでもらえる可能性が高くなり、返信がもらえる確率も高まります。

⑥素早いレスポンス

スカウトメールなどでコンタクトをとった後は、素早いレスポンスを心がけることが大切です。

メールを送ってもなかなか返信がこないと、読んでもらえているのか、メールが届いているのかユーザー側は不安に感じてしまいます。素早いレスポンスは、仕事のスピード感をアピールすることにもつながります。

また、個人ユーザーの心情は変化しやすいため、レスポンスが遅くなってしまうと、他へ興味を移してしまう可能性も考えられます。自社に興味を持ってもらえているうちに、すぐにレスポンスをすることで、自社への興味・関心を持続させることができます。

LinkedInを活用して人材紹介の効率化を図ろう

LinkedInを活用して人材紹介の効率化を図ろう

日本では徐々に増えつつあるLinkedIn(リンクトイン)はビジネスに特化したSNSなので、転職や採用の際にはぜひ有効活用していきたいサービスです。

採用に関するコストの削減や求めていた人物像を確実に獲得するためにも、転職や採用を検討している場合は積極的に活用してみましょう。

 

▼最新セミナー開催情報はこちら 

 

クラウドエージェントセミナー一覧

 


導入数・求人数NO.1!人材紹介会社のための
国内最大級求人データベースCrowd Agent(クラウドエージェント)

伸び悩む人材紹介事業を飛躍させるためのツールクラウドエージェント