求人開拓のポイント①〜テレアポで意識すべき4つのコツ

人材紹介ビジネス応援ブログ

新規企業開拓時に、採用担当者と関係性を構築するのにお困りではないでしょうか?本記事では、採用担当者とどのように関係性を構築すればいいか、新規開拓電話からアポイントを取得するまでフェーズについてご説明いたします。

 

そもそも採用担当者はどんな人?

採用担当者といっても採用に対しての考え方は様々です。
例えば、

  1.  採用を専任で担当し、年間に多くの採用実績を作らなければいけない方
  2.  人事担当者として、労務や総務などの採用以外の人事業務も幅広く担当しており、年間の中途採用人数も多くない方
  3.  労務や総務などの、採用以外の業務がメインで、1年に全く採用活動をしていない企業の人事の方

 

当然、採用の話に対して  1. の状況に近いほど温度感が高く、積極的となります。

 

新規企業への電話で何を話すか?

求人の新規開拓で電話をかける際には【1. 2. 】の担当者に対して、どのようにあなたの強み・特徴をお伝えするかがポイントになります。

 

ポイントは

なぜその企業へ適した人材紹介ができるかを強み・特徴を入れて話すことです。

  • どのような業界・職種・レイヤーの紹介を得意としていてその企業に紹介できるか?
  • 他社とは異なる人材のデータベースがあるか?
  • 今、あなたが担当している候補者の方をご推薦できるか?
  • 他の人材紹介会社との差別化

 

人事担当者には、毎日のように多くの人材紹介会社や求人広告会社から、新規の営業電話があります。多くの担当者は電話の断り方に慣れているので、あなたと話す・あなたのサービスを利用するメリットをしっかり端的に伝えましょう。

 

ここで一例を挙げると、IT企業の人事担当者が営業マネージャーの採用に苦戦している際に、

「IT業界のマネジメント層に特化した中途採用のご紹介をしていて、特に営業職の紹介を強みにしています。本日お電話したのは、弊社の人材で現在IT業界の営業を10年経験されている方が、御社に興味をお持ちだと聞きました。もし御社にそのような人材の求人があれば是非ご紹介できればと思いご連絡いたしました。」

 と電話があると、話を聞いてみたくなるはずです。

 

採用担当者があなたの話に興味をもつ背景
  • 電話で話した人材ベース、人材に興味がある
  • 求人に全然人が集められず、母集団形成に苦戦
  • 急遽欠員が出た
  • 採用を始めたタイミング。ちょうど採用を拡大するタイミング
  • 人事担当者の変更。前の採用担当者が退職、異動など

 

採用担当者の採用への意欲は様々なので、テレアポが通り一遍であると、断られる可能性は高くなります。事前に企業を調べ、採用担当者が抱えているであろう、想定課題の解決策をいくつか準備した上でいくつか考えし架電を、伝える内容を試行錯誤し、採用担当者があなたの話のどこに興味を持たれるか試してみてはいかがでしょうか。

 

 

求人企業の開拓に工数を割くことができないとお悩みの方には、中小の人材紹介会社には求人データベースの活用をおすすめしております。Crowd Agent(クラウドエージェント)は、求人データベースの業界スタンダードモデル。求人企業にアポイントを獲得せずとも3,000件の求人をすぐに利用することができます。

 


求人数NO.1!人材紹介会社のための
国内最大級求人データベースCrowd Agent(クラウドエージェント)


www.crowd-agent.com